ブログ

お互いの思いが通じないときあなたならどうしますか?

ブログ

歯が痛いのにいつまでたっても痛い歯の治療が始まらない。そんな経験はありませんか?

気になるところがあって、思い切って歯科医院の門を開いてみたけれど歯科医の先生に診てもらったのは最初だけで、二回目以降は衛生士さんの歯石除去が延々と続いたり。または、応急処置はしてもらったけれど治してもらいたい歯は後回しで、他の歯の治療が優先されてしまっているなど。

一度通い始めると、正直「これでいいのかな?」と思っていても、なかなか口に出して歯科医や衛生士さんに尋ねる事ってなかなか難しいんですよね。そして、何度か通ううちに「いつまで経っても治療が進まないし、いつ終わるか分からないから「まあいいや」ってことで治療が中断してしまうという事も起きてしまうのです。

このような歯の治療の流れは、保険診療の上での決まりごともあり通常の歯科の治療としては間違いではないのですが、患者さんに求められている治療で無いことも事実です。ルールを完全無視して治療を行うわけにはいきませんが、吉田歯科ではあえて臨機応変に対応する事を心掛けています。

もう通うのも面倒だから行かなくていいやとなって治療が中断してしまうと、もう一度歯として残せるはずだった歯が抜かざるを得ない状況になることだってあります。それでは、今まで通った努力が無になりあまりにも残念です。

頑張って吉田歯科の門をたたいてくれた患者さんには、一生涯自分の歯で噛めるようにお手伝いさせてください。

まずは患者さんの悩み・希望を解決する事が第一です。

 

 

 

ページトップへ