虫歯

虫歯について

虫歯のメカニズムは、お口の中の細菌が食べカスなどに含まれる糖分などを栄養にして、酸を排出することで始まります。その酸が徐々に歯を溶かしていくことで虫歯は進行していきます。

虫歯の初期段階では、そこまで痛みや違和感がありません。しかし、一度虫歯菌に侵襲されると、加速度的に症状が進行してしまうのです。また、虫歯が悪化してしまうと何もしていなくても常に痛みがひどくなってしまい、最悪の場合、歯を抜かなくてはいけません。

ですが、進行する前に治療を行えば、痛みも少なく、歯を削らなくても治療できる場合があります。少しでも違和感を覚えた場合は、早めに当院へお越しください。

保険診療で出来る白い詰め物「CR(コンポジットレジン)」

虫歯治療で銀歯になるのは嫌だけどセラミックは高く、保険内でどうにか白く治したいと考える方は多いのではないでしょうか。コンポジットレジンはプラスチックでできており、保険内で白く治せる治療法なのです。小さい虫歯であれば、銀歯よりもコンポジットレジンのほうが歯を削る量が少ないため、体にとって優しい治療なのです。近年コンポジットレジンは研究開発が進み、以前よりも強度や審美性が改善され、より様々なな治療ができるようになりました。

  • Before
  • After

虫歯の進行

  1. C0

    初期の虫歯

    「要観察の虫歯」と言われるごく初期の虫歯です。この段階では痛みなどの症状はほとんど無く、削らずにフッ素塗布などで様子をみます。

  2. C1

    歯の表面の虫歯

    エナメル質のみが溶かされた状態です。通常は虫歯を削って詰め物をして治療しますが、状態によっては削らずに定期的なチェックを行い管理することもあります。

  3. C2

    神経近くの虫歯

    虫歯がエナメル質の下の層の象牙質まで進行した状態です。冷たいものや甘いものがしみるようになってきます。

  4. C3

    神経まで達した虫歯

    虫歯が神経まで進行した状態です。また神経が死んでしまい、根っこの内部や先端に膿がたまることもあります。

  5. C4

    末期の虫歯

    この段階では、歯の全体が虫歯に侵されており、歯を保存する事が困難になります。抜歯が嫌な方は、定期的な予防が必要です。

ページトップへ