ブログ

あなたもハマるかもしれない前向きになれる方法

ブログ

日々、診療していると、思う事は色々あります。
その中の1つとして、吉田歯科は保険診療をすすめているのですが、
歯の治療には、よく知られている保険が効かない、いわゆる自費の治療
と言うものがあります。
例えば、奥歯のかぶせ物が、銀歯ではなく白い材料でかぶせられるとか、
抜いた歯の場所に、人工歯根(=インプラント)を埋めて、ブリッジでも入れ歯でもない歯を
もう一度作り上げるなど様々ですが、保険が使えない分、かなり高額な治療になります。
私の考えとしては、全ての患者さんに保険で白くてきれいな歯を入れてあげたいし、
(今現在では、奥歯でも保険で白い歯を被せられる事が多くなりましたが)永久歯を抜いた後でも、
もう一度歯が生えてきたかのように治したいのです。
しかし、保険の制限と言うものがあり、なかなか自分の理想通りに思うような診療ができない
部分があるのも事実です。
そんなモヤモヤが溜まると、家に帰って夜な夜な観てしまうのがYoutube の動画でして。
それが「吉本新喜劇すち子の◯◯◯」シリーズです。
詳しくは、検索してみてくださいね。

下の動画は、「すち子の○○○」ではなく、すんのかいせんのかい講座です。

数年前から好きになり、
時々新しい動画がアップされていないか、チェックしてしまうほどです。吉本新喜劇の中でも、
すち子さんが座長を務める回が好きなのは、笑いのパターンがベタだから(正攻法とも言います)
です。毎度お馴染みのパターンがあって、毎度お馴染みのギャグがあって、でも笑ってしまいます。
水戸黄門で言う、色々経緯はあったけれども、8時45分頃になると黄門様が
「助さん格さんやっておしまい」で始まるあれです。
最近のTVに出演されている、若い芸人さんが、ちょっとひねった視点で
笑いを提供してくれるのも、とてもおもしろいと思うのですが、見ていて安心感すら覚える
ベタなお笑いが好きなのです。

実は私の治療に対する考え方にも通じるところがあって、
自分で治療した歯は長持ちして欲しいのですが、正攻法で治す治療は
予後が予測できやすく、良好で、やはり長持ちしています。
現在は、金曜日の午後のみ診療させてもらっている、高瀬歯科医院の院長と副院長から学んできた、1人ひとりに合わせた治療(オーダーメイド治療と読んでいますが)と、確実な正攻法を合わせて、保険でも喜ばれる治療をこれからも頑張ります!

ページトップへ