ブログ

はじめての入れ歯

ブログ

何事もそうですが、初めてと言うものは不安な事だらけです。初めての入れ歯の場合もやはり似ていて、いったいどんな状態が正常なのか気になりますね。入れ歯はできあがよりもその後の調整が大切と言われています。歯科医師がしっかりと患者さん個人個人にあった入れ歯を作るためには、患者さんも一緒になって通院の努力をしてもらわなければ、良い入れ歯を作ることはできません。
ブリッジや、詰め物よりもはるかに時間はかかりますが、まずはしっかりと調整を施し痛い部分を取り除きましょう。また長年使っているうちに、体重の変化や粘膜の厚みの減少により以前は合っていた入れ歯もだんだんと合わなくなってくることもあるので、おかしいなと思ったら入れ歯をチェックしてもらいましょう。当院では受診時に入れ歯専用の洗浄剤と超音波洗浄機にかけて見えない入れ歯にたまった汚れをキレイにします。
ぜひ、ずっと笑顔でおいしいご飯を食べるためにも、かかりつけの歯科医院で定期的に入れ歯をチェックしてもらってくださいね。

新しい入れ歯を作ったとき、特に初めての入れ歯の場合についてなのですが、新しい入れ歯ができたのだからこれからなんでも食べられると思っている患者さんが多いようですが、実は初めての入れ歯の場合たいがいにそうではありません。
新調した入れ歯はたいていの場合その後入れ歯の調整という治療が必要です。

入れ歯に限らず例えば革靴の場合は、新しくても多少やわらかいので履くたびに勝手になじんでいきますが、入れ歯は硬いプラスチックや金属の材料で構成されているので、革靴のように勝手に馴染んでいくことはありません。

入れ歯の調整というのは、病院内で実際に入れ歯を噛んでもらって、痛みがでたところを診査して、痛みがある部分を少しづつ削り患者さんの歯肉の形に合うように調整をしていきます。また、実際使い始めたところ痛みとしてお口の中に症状が現れなくても歯肉に傷ができかけていたり、のちの痛みに繋がる原因はみられることがあります。

入れ歯の用途は口の中で硬いものや柔らかいもの、大きいもの小さいもの、肉やご飯、野菜では噛み方も異なります。
少しずつ調整していくことで、患者さん個人個人の食生活にあった入れ歯の調整が必要なのです。
最初は時間がかかることもありますが調整を重ねていくことによって、自分にあった入れ歯へと変わっていきます。

もし、調整途中で食事を行い入れ歯が痛いときは無理して使うことは避けてください。その場合は入れ歯を作ってくださった歯医者さんに行き適切な治療を受けてください。ときどき無理して痛くても頑張って使う方がいらっしゃいますが、かえって口の粘膜に傷がついてしまい調整したあとも傷が治るまでヒリヒリとした痛みが続きますので、けっして我慢せず受診時まで入れ歯を外して歯肉を休ませてあげて問題ありません。受診時に症状を聞かせてもらえれば調整できます。

 

ページトップへ