ブログ

おとなの虫歯

ブログ

以前は感じなかった、歯の痛み。あなたは最近感じたことはありますか?

虫歯はその予防法も確立され、児童・幼児においても年々減り続けている疾患の一つです。その一方で、10代20代では虫歯があまりなかったのに、最近になって歯に痛みを感じるようになった。もしかしたら虫歯かもしれない。そんな成人の虫歯について紹介します。

1.歯茎が下がったために虫歯ができた・・・加齢や歯周病が原因で歯肉が下がってくると、セメント質と呼ばれる歯の根っこが露出してきます。この歯の根っこには、もともと歯茎から出ていた白い部分(エナメル質)がカバーしていない場所なので、虫歯ができやすい箇所です。今までほとんど歯医者にかかったことが無いのに急に虫歯が増えたなと感じる方は、このケースが多くみられます。

2.かぶせもの、つめものの周りに虫名ができる・・・30代を過ぎるとほぼすべての人が一度は虫歯になったり、治療した経験があるという結果が厚生労働省の調査で報告されています。つめものやかぶせものは接着剤によって固定されているのですが、この接着剤は経年劣化するため、微細な隙間ができるとそこから虫歯が始まります。また、つめものの下にできている虫歯は自分で鏡で見ても気づきにくいのが特徴です。定期的に歯科医院で詰め物の下に虫歯がないかレントゲンで確認してもらったり、普段の歯磨きで取りきれない歯垢や歯石を取り除いてもらいましょう。

3.親知らずが生えてきたために虫歯ができた・・・親知らずの生え方にもよりますが、真っ直ぐに生えてくるパターンと、生えずに埋もれたままの人も多いものです。この中で虫歯になりやすいのは中途半端に歯肉に埋もれた親知らずです。半端に歯肉から露出している歯の部分に虫歯菌が付着し、親知らずの手前の歯にも大きな虫歯を作ることがあります。生えきらない親知らずを放置している人はいつかトラブルが起こる可能性が高いため、できるだけ早く抜くことをおすすめします。

4.間食の回数が多い または 糖分が多い・・・砂糖の添加された甘いお菓子をよく食べる人は言うまでもありませんが、口さみしさによく飴を食べる、砂糖入りのコーヒーや紅茶をよく飲む、という人も要注意です。糖分が口の中に長時間とどまらないように、時間を決めて摂るようにしましょう。また甘い物を食べたらお水を飲んだり口をゆすぐようにしましょう。

5.口の中がねばつく   乾燥している。・・・口の中の唾液が減ると粘膜がネバつく感じがします。年齢的には主に40代以降になると唾液腺の萎縮が始まる方も出てきます。また、糖尿病にかかっている人も唾液の分泌が落ち、結果虫歯ができやすくなります。対策としては唾液腺のマッサージやお食事に繊維質のものも取り入れてよく噛んで食べるようにしましょう。最近はWEBやスマホの普及により、あまり喋る機会がなくなってきていることもドライマウスの原因の一つとされています。喋ることは唾液の分泌を促します。また、シュガーレスやキシリトールのガムを噛んで唾液を出すのも良いでしょう。

ページトップへ