ブログ

子供の歯の痛みと生え変わりの関係

ブログ

あなたのお子さんに突然「歯が痛い!」と言われてしまったその原因は、もしかしると永久歯への生え変わりかもしれません

歯が抜ける=恐怖心から痛みが出る

特に初めて乳歯が抜ける経験をするお子さんは歯が抜ける事自体への恐怖心から、必要以上に強い痛みを感じることもあるようです。
今までと違う乳歯の違和感を痛みと捉え痛みを訴えるのです。
そんなお子さんの気持ちを頭ではわかっていても、親御さんとしては対処に困る場合も出てくるでしょう。

生え変わりに伴う痛みは個人差が大きい

通常、乳歯の生え変わりの時には、永久歯が乳歯の根を吸収しながら発育してきます。その後最終的には乳歯は根がほとんど吸収された状態になりグラグラと揺れ始め歯冠だけの状態になります。
この状態になるとそれほど大きな痛みはなく、乳歯は自然と抜けてしまうことも多いのですが多少は痛いと感じることもあります。

 食事ができない程の痛みは要注意

多少の痛みはあっても、歯の生え変わりは成長に於いて異常ではありません。
少しの痛みでは特別心配したり、歯医者さんを受診したりする必要はほぼありません。

しかし、食事の度にひどく痛がって、きちんと食べられない場合は要注意。
あまりに痛い様子が見られるのであれば、歯肉の炎症なども疑われます。
まずは一度歯医者さんに相談してみるのもよいでしょう。

グラつく歯を無理に抜くのはちょっと待って

痛みや違和感を長引かせないようにと、歯がグラつき始めたら手を加えて抜いてしまうという親御さんもいます。
グラついている乳歯の根元に糸を結びつけて強く引くといった昔ながらの方法もありますが、無理に力を加えて抜くことは、強い痛みを発生させる元ともなるのであまりおすすめできません。

これはお子さんが初めて耐える歯の痛みかもしれません。
グラつく歯を気にして自身の舌や指で押したりしているうちに、早く抜けるということもあります。

虫歯の痛みと生え変わりの痛みはどう違うのか?

「歯が痛い」というお子さんの訴えが、虫歯によるものなのか、歯の生え変わりによるものなのか、すぐには判断できない場合もあります。
虫歯が進行して神経触るズキズキした痛みでない限り、虫歯の痛みも生え変わりの痛みも、痛みの種類に大きな違いはないケースも多いもの。
あまりに痛がるようなら、早めに歯医者さんを受診することも大切です。

もちろん、乳歯が自然に抜けても長く痛みが残るようなら、生え変わり以外の原因が隠れている可能性も考えられます。
こうした場合も早めの受診をおすすめします。

※ ひどく痛い生え変わりには理由があります

通常の生え変わり以上に痛い場合は原因あり

成長における自然現象とはいえ、それまで生えていた歯が抜けるわけですから、多少の痛みはともないます。
しかし、あまりに痛みが強いようなら生え変わりつつある歯とその周囲に何かしらの問題が発生している可能性もあります。
お子さんが渡ってひ違ってひどく痛いと訴える場合には、他の原因も疑ってみてもよいかもしれません。

グラついている歯が歯茎を傷つけている

グラつく歯は、歯茎やお口の中の粘膜など、やわらかい部分に傷をつけてしまう場合もあります。
小さな傷なら比較的早く治癒しますが、ここに雑菌が入って炎症を起こしてしまうと、腫れたり膿を持ってしまったりと大きな痛みにつながります。

永久歯の出現により歯茎が炎症を起こす

口腔内の清潔が保たれた状態では問題ないのですが、お口の中が不潔だと永久歯が生えてくる際に歯茎に痛みが発生することがあります。
永久歯の出現によって歯茎にあいた穴の部分にばい菌が入り、炎症を起こしてしまうのです。
また、永久歯の出現前から歯茎に炎症があり、患部を永久歯が刺激することで強い痛みに発展するケースも多くあります。

この場合の痛みを予防するには、普段からお口の中を清潔に保つことしかありません。
正しい歯磨き習慣を身につけて、クリーンなお口で永久歯の出現を待ち受けるのが、理想の形なのです。

抜けた歯茎をすでに生えた永久歯が傷つける

乳歯が抜けたあとの歯茎はしばらく出血します。
通常であれば、そのあと比較的すぐに落ち着きますが、すでに生えてきている永久歯が歯茎を傷つけてしまうことで炎症を起こしてしまうケースもあります。不安な場合は歯科への受診をおすすめします。

ページトップへ